葉酸の強制摂取は子どもの先天病の予防に有効

米国では国を挙げて、食品に葉酸を加える対策を進めてきた。結果として、子どもの先天病で脊髄の形成異常である「神経管欠損症(NTD)」を未然に防ぐことに成功したと報告した。米国疾病管理センター(CDC)が、CDC発行の有病率や死亡率をまとめた週報「モービディティ・アンド・モータリティ・ウィークリー・レポート(MMWR)」で2015年1月16日に報告した。

米国では国を挙げて、食品に葉酸を加える対策を進めてきた。結果として、子どもの先天病で脊髄の形成異常である「神経管欠損症(NTD)」を未然に防ぐことに成功したと報告した。米国疾病管理センター(CDC)が、CDC発行の有病率や死亡率をまとめた週報「モービディティ・アンド・モータリティ・ウィークリー・レポート(MMWR)」で2015年1月16日に報告した。

年間1300人の発症を予防

1992年、米国では将来妊娠の可能性のあるすべての女性に対し、1日400μg(μは100万分の1)の葉酸を摂取するよう推奨し、子どもの神経管欠損症などの先天性障害の予防への介入を始めた。1998年からはパンや穀類に100g当たり140μgの葉酸を強制的に加え、これが大きな成果を挙げた。報告では1999年から2011年までの調査をまとめている。それによると、1998年の強制的葉酸摂取が始まるとすぐに、出生時の神経管欠損症の発症が低下し始めた。年間約1300人の発症を未然に防いだと考えられた。この数字はその後も維持された。この結果から、強制的葉酸摂取は、効果的と指摘している。

さらに補給を続ける

しかしながら、ヒスパニック系の女性については、葉酸摂取が低い状態が続いているのが問題となっている。さらに積極的に対策を進めると、米国全体での発症をさらに抑えることができるという。葉酸は文字通り野菜や果物から取ることができる。日本では海外と比べて充足していると見られるが、参考にしてよいだろう。

文献情報

Williams J et al. Updated estimates of neural tube defects prevented by mandatory folic Acid fortification - United States, 1995-2011. MMWR Morb Mortal Wkly Rep. 2015 ;64:1-5.

MMWR Morb Mortal Wkly Rep. 2015 Jan 16;64(1):1-5.

関連するまとめ

こんなまとめも人気です♪

妊婦さんには欠かせない!栄養満点レシピ7選

妊婦さんには欠かせない!栄養満点レシピ7選

妊婦さんにぴったり!栄養満点&低カロリーなおすすめおやつ

妊婦さんにぴったり!栄養満点&低カロリーなおすすめおやつ

妊婦さんの乳房マッサージ。妊娠中からのマッサージでおっぱいトラブルを回避!

妊婦さんの乳房マッサージ。妊娠中からのマッサージでおっぱいトラブルを回避!

SNSで人気♪マタニティロゼットの作り方 マタニティーマークを可愛くアレンジ♡

SNSで人気♪マタニティロゼットの作り方 マタニティーマークを可愛くアレンジ♡

【妊娠2週】妊娠の要(かなめ)排卵期

【妊娠2週】妊娠の要(かなめ)排卵期

キーワードからまとめを探す

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

内容について連絡する

運営会社 | cutaについて | お問い合わせ | プライバシーポリシー | ご利用上の注意 | 会員規約

cuta [キュータ] | キュート&タフ|妊娠・出産・子育てまとめ