ワクチンにより肝臓がん激減、赤ちゃんB型肝炎ワクチン、30年間の調査

赤ちゃんにB型肝炎ウイルスの予防接種をすると、若い人が肝臓がんにかかるリスクが低下するという結果が分かった。中国科学アカデミーのがん研究グループが、オンライン科学誌プロスワン(PLoS One)で2014年12月30日に発表した。

赤ちゃんにB型肝炎ウイルスの予防接種をすると、若い人が肝臓がんにかかるリスクが低下するという結果が分かった。中国科学アカデミーのがん研究グループが、オンライン科学誌プロスワン(PLoS One)で2014年12月30日に発表した。

30年間の効果を検証

中国ではB型肝炎の感染者が世界的にも高いと分かっている。中国江蘇省啓東では1983年から1990年の間にB型肝炎ウイルス予防接種を推進してきた。ワクチンの接種を進めてきた地域では、B型肝炎ウイルスに関連する肝臓癌などの肝臓病の発生率が高い農村地帯である。このたび研究グループは30年間にわたる長期結果を報告した。

8割減った

ワクチン接種の予防効果は、肝臓がん発生率の減少率が84%、肝臓病による死亡率低下の割合が70%、子どもの劇症肝炎発生率の減少率が69%となった。幼少期にワクチンを打つとB型肝炎に対抗するための免疫が7割近くで出ていたのに対して、10歳から14歳の間に成長してからワクチンを打った場合には2割程度に落ちた。赤ちゃんの時期にワクチンを打つのが大切と言えそうだ。今回は若い時期での肝臓がんを調査しているが、その後にわたっても効果は続く可能性はある。日本でも中国ほどではないがB型肝炎は問題になる。自費接種で保険は利かないもののワクチンの接種を検討してもよいかもしれない。

文献情報

Qu C et al.Efficacy of Neonatal HBV Vaccination on Liver Cancer and Other Liver Diseases over 30-Year Follow-up of the Qidong Hepatitis B Intervention Study: A Cluster Randomized Controlled Trial. PLoS Med. 2014;11:e1001774.

PLoS Med. 2014 Dec 30;11(12):e1001774. doi: 10.1371/journal.pmed.1001774. eCollection 2014. Randomized Controlled Trial; Research Support, N.I.H., Extramural; Research Support, Non-U.S. Gov't

関連するまとめ

こんなまとめも人気です♪

日本脳炎の予防接種はいつ受ける?正しい時期と副反応について

日本脳炎の予防接種はいつ受ける?正しい時期と副反応について

日本脳炎の副作用が心配…。注意点や旧ワクチンと新ワクチンの違いは?

日本脳炎の副作用が心配…。注意点や旧ワクチンと新ワクチンの違いは?

「経口避妊薬(ピル)」子宮体がんを防ぐ、効果は30年間にわたって続く

「経口避妊薬(ピル)」子宮体がんを防ぐ、効果は30年間にわたって続く

「5歳までにピーナッツを食べさせるべし」、アレルギーが激減、有力医学誌で報告

「5歳までにピーナッツを食べさせるべし」、アレルギーが激減、有力医学誌で報告

B型肝炎の感染経路は?日常生活での感染リスクと予防する方法

B型肝炎の感染経路は?日常生活での感染リスクと予防する方法

キーワードからまとめを探す

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

内容について連絡する

運営会社 | cutaについて | お問い合わせ | プライバシーポリシー | ご利用上の注意 | 会員規約

cuta [キュータ] | キュート&タフ|妊娠・出産・子育てまとめ